日野市予防接種情報提供サービス

先天性代謝異常等の検査

 フェニルケトン尿症等の病気は、心身の発達に必要なある種の酵素が生まれつき欠けていたり、ホルモン合成の異常が原因でおこるものです。放置していると心身の発達の妨げとなりますが、早期に発見し治療することで発症を防ぐことができます。検査は生後5~7日の間に赤ちゃんの足の裏から微量の血液を採って調べます。出産された医療機関に備えてある申込書に必要事項を記入し、申込みをしてください。なお、助産所や自宅などで出産された場合は、分娩に関わった期間に申し込んでください。また、採血料金は自己負担となります。

問合せ 東京都福祉保健局少子社会対策部家庭支援課 03-5320-4372

≪戻る