今週の注目感染症 平成27年・34週(8月17日~8月23日)

・手足口病の定点当たり報告数は3週連続で減少したが、都の警報は継続している。
・流行性角結膜炎の定点当たり報告数は、増加傾向にあり、過去5年平均を超えている。
・マイコプラズマ肺炎の定点当たり報告数は、2週連続で増加し、過去5年平均を超えている。

【東京都感染症情報センターより参照】
(平成27年8月28日更新)