今週の注目感染症 平成26年・51週(12月15日~12月21日)

・RSウイルス感染症、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数は、全国同様過去5年平均より高い値での推移が続いている。
・伝染性紅斑の定点当たり報告数は、全国値を大きく超え続けている。
・インフルエンザの定点当たり報告数は、流行注意基準である10.0を超え、さらに増加している。

【東京都感染症情報センターより参照】
(平成26年12月26日更新)