妊娠中や授乳中の薬の使用については、必ず医師、歯科医師、薬剤師等に相談しましょう。自分の考えで薬の使用を中止したり、用法、用量を変えたりすると危険な場合があるので、医師から指示された用量、用法を守り適切に使用しましょう。
※「妊娠と薬情報センター」(>>詳細はこちら)において、妊娠中の薬の使用に関する情報提供が実施されていますので、主治医と相談しましょう
また、子宮収縮薬などの出産時に使用される医薬品についても、その必要性、効果、副作用などにつ
いて医師から十分な説明を受けましょう。
※(独)医薬品医療機器総合機構のWebサイト(>>詳細はこちら)から、個別の医薬品の添付文書を検索することができます。