妊娠中は、赤ちゃんや胎盤、羊水、母体の子宮や乳房の増大などのため、適正な体重増加が必要です。妊娠中の望ましい体重増加量は、妊娠前の体型によっても異なります。次の表の推奨体重増加量を目安に、食事の内容、とり方、生活のしかたを考えて体重の増え方が順調か、医師や助産師の助言を受けながら見守りましょう。
体格区分別 妊娠中の推奨体重増加量
非妊娠時の体格区分/妊娠全期間を通しての推奨体重増加量/妊娠中期から末期における1 週間あたりの推奨体重増加量
低体重(やせ):BMI18.5未満 9~12㎏ 0.3~0.5㎏/週
ふつう:BMI18.5以上25.0未満 7~12㎏(注1) 0.3~0.5㎏/週
肥満:BMI25.0以上 おおよそ5kgを目安 (注2) 医師に要相談
※BMI(Body Mass Index):体重(kg)/身長(m)2
注1 体格区分が「ふつう」の場合、BMIが「低体重(やせ)」に近い場合には推奨体重増加量の上限側に近い範囲、「肥満」に近い場合には推奨体重増加量の下限側に近い範囲の体重増加が望ましい。
注2 BMIが25.0をやや超える程度の場合は、おおよそ5kgを体重増加量の目安とする。BMIが
25.0を著しく超える場合には、他のリスクなどを考慮しながら、個別に対応する必要があるので、医師などに相談することが望ましい。