幼児期は、食生活の基礎ができる時期です。規則正しく食事をする習慣をつけること、子どもにとっては食事の一部である間食についても量や栄養のバランスに気を配ること、食べ物の好き嫌いを少なくすることが大切です。
家族そろって楽しい食事の雰囲気をつくることが大切です。この時期には食べ方のむらがあります。機嫌がよく、日常生活が普段と変わらないようであれば、食事を無理強いすることやだらだら食べさせることはやめましょう。
(参考)
・授乳・離乳の支援ガイド(>>詳細はこちら
・楽しく食べる子どもに(>>詳細はこちら
・早寝早起き朝ごはんコミュニティサイト(>>詳細はこちら