妊婦の心身の安定には、夫や家族など周囲の理解や協力が必要です。妻をいたわり、ねぎらい、家事を積極的に行いましょう。妻の妊娠期間の約10か月は、夫にとっても「父親」として育っていく大切な準備期間です。この時期に、ふたりにとって子どもとはどんな存在か、親になるとはどういうことなのかなど、じっくり話し合ってみましょう。また、お産の時や産後の育児で夫がどのような役割を持つのか、妊娠中からよく話し合い、準備しておきましょう。
~父親が活躍するチャンス~
・ 妊娠の届出や妊婦健診に付き添いましょう。
・ 家事の分担を見直しましょう。
・ 保健所・保健センター、産院などで開かれる両親学級などに
積極的に参加しましょう。
 *紹介している内容はあくまで一例です。