子育てにおいて、しつけと称して、叩いたり怒鳴ったりすることは、子どもの成長の助けにな
らないばかりか、悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。以下のポイントを意識しながら、
子どもを健やかに育みましょう。
1 子育てに体罰や暴言を使わない
2 子どもが親に恐怖を持つとSOSを伝えられない
3 爆発寸前のイライラをクールダウン
4 親自身がSOSを出そう
5 子どもの気持ちと行動を分けて考え、育ちを応援